糸島新聞
創刊100周年

設置販売店
ファミリーマート
  • 二丈福吉店
  • 前原末永店
  • 糸島加布里店
  • 志摩可也小学校前店
  • JR筑前前原駅前店
  • 福岡周船寺1丁目店
  • 糸島波多江駅北1丁目店
糸島新聞社
1917年(大正6年)創刊
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

まち角

2019.07.18

 糸島農高に参院選の期日前投票所が設けられ、18歳の3年生11人が、緊張しながら「初めての1票」を投じた▼糸島市の過去3回の参院選投票率は、52%から57%台で推移。前回を除く2回は、わずかながら全国平均を下回った。市長選・市議選より低調なのは、身近な候補の顔が見える選挙に比べ、候補者を遠くに感じるからか▼少し、おさらいしてみよう。日本の議会は、衆議院と参議院の二院制。参院の任期は、衆院の4年に対して6年。衆院には解散があるが参院にはない。参院は3年ごとに半数が改選されるので、参院半数の任期満了時に衆院が解散しても、「国会議員ゼロ」にはならない▼立候補できる被選挙権は、衆院の25歳に対して30歳。しっかりとした経験と見識で、じっくり論議してほしいから。「良識の府」とも呼ばれる▼今週末は投票日。福岡県選挙区は3人区。現職を擁する自民、立憲民主に加え、国民民主、公明、共産や複数の政治団体が新人を立て、3議席を9人で争う。政局中心の報道に目を奪われ、消費税、年金、外交・安全保障、環境、憲法、原発などの争点や、候補者本人の声、地域との関わりが見えづらい▼選挙権は、文字通り先人が命懸けで獲得してくれた権利。大切にしたい。前回参院選の期日前投票数は、全投票数の3割に迫った。投票を済ませた方も多いのだろうが、まだの方は、候補者の声に耳を澄ませ投票所に行ってほしい。糸島が全国平均に劣るのは、いかにも悔しい。

ニュース一覧