糸島新聞
創刊100周年

設置販売店
ファミリーマート
  • 二丈福吉店
  • 前原末永店
  • 糸島加布里店
  • 志摩可也小学校前店
  • JR筑前前原駅前店
  • 福岡周船寺1丁目店
  • 糸島波多江駅北1丁目店
糸島新聞社
1917年(大正6年)創刊
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

まち角

2019.08.22

 朝ドラ「なつぞら」のモデルは「魔法使いサリー」や「ひみつのアッコちゃん」の作画監督、奥山玲子さん(1936~2007)だそうで、宮崎駿さんや高畑勲さんらしき人も登場する▼同世代の富野由悠季(よしゆき)さんは、手塚治虫の虫プロで「鉄腕アトム」に関わり、「機動戦士ガンダム」「伝説巨神イデオン」など数多くの作品の総監督をつとめた▼その「富野由悠季の世界」展が福岡市美術館を皮切りに、全国6美術館で開催。テーマや作品ごとに各館の学芸員が担当し、これまでの仕事を回顧・検証し、宇宙に憧れた少年時代から現在までを一覧できる展示に仕上げた▼入り口の暗幕をくぐると、床と天井、四方の壁面に投影された映像で、一気に「トミノワールド」に入り込む。再び暗幕をくぐり外に出ると、モノクロの宇宙服の写真と、それを立体的に再現した白いオブジェが目の前に。由悠季氏の父喜平氏が開発に当たった与圧服。旧日本軍の戦闘機搭乗員が高高度飛行の際に着用する装備で、トミノワールドの原点だ▼シナリオや絵コンテ、原画、セル画などの目を見張る原資料。加えて、富野氏の小説、主題歌の作詞、さまざまな分野の人たちとの対話も興味深い▼富野作品では、戦闘シーンからも友情や愛情、悲しみなどを強く感じることがある。あの与圧服に取り組んだ父親の影響もあってか、と一人で合点した。福岡市中央区大濠公園の福岡市美術館で、9月1日まで。京都アニメ放火事件も思いながら。

ニュース一覧