糸島新聞
創刊100周年

設置販売店
ファミリーマート
  • 二丈福吉店
  • 前原末永店
  • 糸島加布里店
  • 志摩可也小学校前店
  • JR筑前前原駅前店
  • 福岡周船寺1丁目店
糸島新聞社
1917年(大正6年)創刊
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

まち角

2020.03.1

 梅や菜の花が咲き、ツクシも顔を出した。暖冬だそうだが、先週は強烈な寒波が糸島を襲い、平地で遅い初雪も舞った。朝夕は冷え込み、春はまだ遠い▼そんな夜に風呂に入ると、つま先や指先まで温まり思わず「極楽、極楽」と声が漏れる。湯船が大きい立ち寄り湯だと、自宅のそれとは比ぶべくもない極楽が、体全体を包んでくれる▼糸島にも、そんな湯がいくつかある。低温の炭酸ヒノキ風呂、複数のジャグジー・サウナ、プールやジム、岩盤浴もそろう泊の「伊都の湯どころ」。かつて弘法大師がマムシにかまれ傷を癒やしたと伝わる、露天風呂から望む田園風景にホッとする二丈吉井の「まむしの湯」。ラドンを含む天然温泉が楽しめる二丈深江の「きららの湯」▼先日の寒風の中、きららの湯に出掛けた。JR筑前深江駅を北口で降り、線路沿いの道を東に歩く。住宅街を縫って駅から8分で着く▼自動販売機で660円のチケットを買い、2階の浴場へ。ロビーではひな飾りが迎えてくれた。泉質は、ラドンを含む単純放射能冷鉱泉で、痛風や神経痛媖疲労回復に効能があるそうだ。サウナやジャグジー、低温と高温の湯を満喫。露天風呂からは、一貴山川の先に海が広がる▼2月末までの「お風呂セット1200円」は、入浴にすき焼き膳がつく。お得感満載でビール550円も追加した。帰りも駅まで歩いたが、ラドンで温まった体には、風さえも心地よい。柄にもなく「さあ、明日からガンバロウ」なんて、気にもなった。

ニュース一覧