糸島新聞
創刊100周年

設置販売店
ファミリーマート
  • 二丈福吉店
  • 前原末永店
  • 糸島加布里店
  • 志摩可也小学校前店
  • JR筑前前原駅前店
  • 福岡周船寺1丁目店
糸島新聞社
1917年(大正6年)創刊
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

まち角

2020.03.27

 福岡市天神、ビルの谷間にたたずむ水鏡天満宮。菅原道真公が大宰府への都落ちの途上、川面に映る己の変わり果てた姿を嘆いた場所に建てられた。400年前、福岡城の鬼門である現在地に移り、「天神」の地名のいわれでもある▼その天神が、大きく変わる。福岡市は、既存ビルの建て替え促進のため、高さ制限と容積率の緩和を打ち出す。ビブレやコアなどが建て替えのために閉店。青春時代に通った中高年が、名残を惜しみ訪れている▼天神がテーマの演劇「天神開拓史」は、大塚ムネト氏率いる劇団「ギンギラ太陽′s」の代表作。岩田屋や玉屋、ソラリア、西鉄バスなどが擬人化され、かぶりもので演じる。観客は、天神流通史を一覧しつつ笑いや涙で忙しい▼この夏、ギンギラ太陽′sと劇団ショーマンシップが、旧糸島郡芥屋村新町出身で、福岡市の「平和台」を創り、戦後初めて公式の場で日の丸を掲げた岡部平太を描いた小説『Peace Hill 天狗(てんぐ)と呼ばれた男 岡部平太物語』(幻冬舎)を劇にする。平太は1964年の東京オリンピック強化コーチながら、開催前に病に倒れた▼天神・西鉄ホールでの上演後、東京オリンピック開会式が行われるはずだった7月24日に、伊都文化会館で上演の予定。幼い頃、「わるそう坊主」と呼ばれていた平太が、久しぶりに糸島に帰ってくる▼同会館には、平太が平和台に掲げた日の丸が額装掲示されている。平太を演じるに最もふさわしい舞台台が、今から楽しみだ。

ニュース一覧