糸島新聞
創刊100周年

設置販売店
ファミリーマート
  • 二丈福吉店
  • 前原末永店
  • 糸島加布里店
  • 志摩可也小学校前店
  • JR筑前前原駅前店
  • 福岡周船寺1丁目店
糸島新聞社
1917年(大正6年)創刊
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

まち角

2020.05.15

ひとり暮らしの前原中央のマンションは、築30年超。風呂も年代物で、お湯はり機能などはない。湯量の確認を怠るとお湯があふれる。面倒なので、週末には伊都の湯どころ、まむしの湯やきららの湯の大きな湯船に入り、平日はシャワーで済ませていた▼ところが、コロナ禍でそれらの湯が全て臨時休業に。お湯に漬からいと疲れが取れない気がして、自宅の湯船にお湯をためる機会が増えた。追い炊き機能もないので、都度お湯を捨てる。「もったいない」「ぜいたく」などと罪悪感がふくらんでいた▼そんな折、NHKの「ためしてガッテン」で、脳内ホルモン「オキシトシン」を知った。「幸せホルモン」とも呼ばれ、ストレスを和らげ、自律神経の働きを整える。さらに、精神安定に欠かせない脳内ホルモン「セロトニン」や、やる気を起こす「ドーパミン」の分泌も促す▼そのオキシトシンを手軽に増やす方法が「入浴」。湯船の心地よさが、分泌を活性化する。入浴中に、ツボ=手の甲の親指と人差し指の付け根の「合谷(ごうこく)」や、膝の外側指四本分下の「足の三里(あしのさんり)」を押すと、さらに分泌が増えるそうだ▼今は、罪悪感には目をつぶり、少しでも免疫力を高めるために湯船に入り「ふう~っ」と声を漏らし、幸せホルモンを増やすことにする、皆さんもぜひ。「合谷」と「足三里」の指圧を試してみられては。

ニュース一覧