糸島新聞
創刊100周年

設置販売店
ファミリーマート
  • 二丈福吉店
  • 前原末永店
  • 糸島加布里店
  • 志摩可也小学校前店
  • JR筑前前原駅前店
  • 福岡周船寺1丁目店
糸島新聞社
1917年(大正6年)創刊
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

まち角

2020.07.31

 北部九州の梅雨入りは昨年より15日早く、明けも数日遅いようだ。長雨は大きな爪痕を残し、コロナ禍が復旧を阻む。亡くなられた方々のご冥福と、一日も早い復興を祈るばかり▼国道202号線伊都文化会館斜め前のカフェ「アンローザ」の外装は、その梅雨明けの青空が降りてきたような青。今年3月下旬の開店予定は、新型コロナで2カ月遅れた▼北海道出身の安藤理洋・宏子さん夫婦と、次男でマスターの友洋さん(40)が切り盛りする。もともと、東京の八王子で喫茶「アンローザ」を、同じく世田谷で和食の「あんろーざ」をそれぞれ20年近く営み、その味を糸島に持ってきた▼外装の青は、宏子さんのラッキーカラー。「世田谷の店も同じ色でした。おかげさまで多くのお客さんが愛してくれました」と穏やかに笑う▼卵は「つまんでご卵」、豚肉は「伊都の豚」の糸島食材が新メンバー。「つまんでご卵で作るオムレツは、黄色が鮮やかでとても味が濃いんです」と友洋さん。人気メニューは、その卵を使った「オムライス(900円・税別)」や「豚バラ肉のてりやき丼(900円・同)」▼糸島には縁もゆかりもなかったが、長男が福岡に転勤し、お気に入りの糸島を案内してくれた。そこで出会った人たちの優しさに魅了され、移転を決意した。糸島の人の優しさが呼び寄せた一家が、今は、糸島の人たちに優しさを分けてくれている。

ニュース一覧