糸島新聞
創刊100周年

設置販売店
ファミリーマート
  • 二丈福吉店
  • 前原末永店
  • 糸島加布里店
  • 志摩可也小学校前店
  • JR筑前前原駅前店
  • 福岡周船寺1丁目店
糸島新聞社
1917年(大正6年)創刊
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

まち角

2020.08.21

「ぬか漬け」ブームだそうだ。無印良品の「かきまぜがいらない発酵ぬかどこ」が、ぬか漬け初心者の参入ハードルを下げ、販売数が急増している。スーパーの棚にも数種のぬか床が並ぶ▼ぬか床は、たんぱく質、脂質、各種ビタミン、リン、鉄などを含み、豊富な乳酸菌が腸内環境を整える。漬けた素材自体の食物繊維、ミネラルも存分に摂れる▼もともと日本には、しょうゆ、みそ、納豆、酒、酢、鰹節など、伝統的な発酵食品が根付いていた。加えてヨーグルト、チーズ、キムチなどの外国勢も身近だ▼そこに、新型コロナ対策で「ステイホーム」や「免疫力を上げて感染に負けない」などが加わっての、ぬか床ブームだと専門家は言う▼私の「ぬか床歴」は3か月。冷蔵庫に入れたぬか床で、きゅうりは一晩、ナス、人参、アボカド、ゆで卵は二晩くらいが食べ頃。本格的なものではなく冒頭の「かきまぜがいらない(月一回程度はかきまぜる)」の口だが、ステイホーム的晩酌の食卓を鮮やかに彩ってくれる▼一時期高値だった、夏野菜の値段も落ち着いてきた。太陽と土の恵みの糸島野菜に、ぬか床パワーを注入し、熱中症やコロナに負けない体を維持したい。キッチンペーパーに包んで「カマンベールチーズ」にも挑戦しよう。三日目が食べごろだそうで、発酵仲間の「純米白糸」を冷やして合わせてみたい。

ニュース一覧