糸島新聞
1917(大正6)年創刊

毎週木曜日発行 購読料 1カ月 900円(税込)1部 225円(税込)
糸島新聞社
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

まち角

2020.10.2

昨年12月、アフガ二スタンで凶弾に倒れたペシャワール会現地代表の中村哲医師(享年73歳)は、難民キャンプやアフガニスタン国内で診療に取り組み、「飢えや渇きは、医療では治せない」と、井戸を掘り、用水路を拓き、砂漠化していた1万6500ヘクタール(糸島市の8倍の面積)を緑の大地に変えた▼先月末に、前原東の糸島市人権センターで「中村医師をしのぶ会(主催=平和都市推進糸島市民会議)」が催された▼中村医師の活動のDVD上映後、看護師として現地で同医師と約20年活動を共にした「ペシャワールの会」の藤田千代子さんが、「中村医師は、医療の恩恵を受けられないところにいつも目線を置いていた」「持たざる人に目を向け、どうしたらそんな境遇から解放されるのかを考え、行動していた」と報告した▼生前の中村医師は、昨年8月に糸島を講演のために訪れている。そこでは、50人以上の中高生も話を聞いた。同医師は、「人生の半分を費やしたが、決して無駄ではなかった」と伝えた。講演後、中高生たちは「看護師を目指したい」「国境なき医師団に入りたいという気持ちが強くなりました」などの感想を寄せている▼中村医師が蒔いた種は、アフガニスタンでは小麦となり多くの人々の命を救い、糸島では次代を担う若者の心にとどまり、芽吹きのために力強く育ち続けている。

ニュース一覧