糸島新聞
1917(大正6)年創刊

毎週木曜日発行 購読料 1カ月 900円(税込)1部 225円(税込)
糸島新聞社
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

まち角

2020.12.18

2018年の戌年、狛(こま)犬は空想上の霊獣で犬ではないが、正月号に糸島の狛犬を載せた。未掲載の狛犬が数多くあり、連載を始めた「糸島の狛犬たち」は、この9月に105回で一応終了した▼「一応」がつくのは、糸島の狛犬をすべて紹介したと言い切れないから。糸島のどこかに、紹介できなかった狛犬がいるかもしれないから▼奉納年不詳や、狛犬と台座が同年の奉納には見えないなどがあるが、最高齢は1814(文化11)年奉納の「宇美八幡宮(川付)」、最年少が2010(平成22)年の「若宮神社(志摩津和崎)」「植安神社(西区今宿)」などと思われる▼伏せたり、背伸びしたり、逆立ちしたりの多様な姿。「浪花系」「岡崎系」「出雲系」「博多系」などに分類され、「肥前系」の脱力した愛らしい姿には、思わず頬が緩む▼「鎮守乃杜(糸島神職会)」「イトシマ地域における狛犬の導入と展開(糸島高校歴史部)」「福岡神社参拝帳」はじめ多くの方々のお力をお借りしたことと、神職と信徒でつくる糸島敬神会の波多江保彦会長が同会のホームページにこの連載を整理し載せてくれたことに感謝する▼初老や退任、金婚記念。米国帰朝、御大典、皇紀2600年、従軍など、その奉納は時代を映す。狛犬はご祭神を守り、その狛犬を地域の人々が守り続けてきた。これからも、狛犬と地域の人々の関係が末永く続いてほしいと願う。

ニュース一覧