糸島新聞
1917(大正6)年創刊

毎週木曜日発行 購読料 1カ月 900円(税込)1部 225円(税込)
糸島新聞社
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

まち角

2021.03.19

小富士の梅、福ふくの里の菜の花、まむしの湯の河津桜と、花の便りが次々に届く。志摩中央公園や笹山公園の桜も咲き、春を教える▼桜同様、一斉に咲いて散る黄色い可憐な「バダウ(インド紫檀)」はミャンマーの花。年に一度、5月の中頃に咲き数日で散る。街のそこここで売られ、店頭やバイクを飾り、街全体を黄色に染める。女性たちは、老いも若きも競うように髪に差し飾る。アウン・サン・スー・チー国家顧問の髪も飾った▼世界一生花が似合うその政治指導者は、2013年の成田空港では黄色いバラ、皇太子殿下との面会ではピンクのバラを髪に差した。バラは、英国留学中に出会い結婚し、ミャンマー入国が許されずに亡くなった夫と誕生日に贈り合った花。誕生日には、毎年欠かさず白いバラを髪に飾るようにしているそうだ▼そのスー・チーさんが再び拘束され、ふた月になろうとしている。「アメ・スー(スー母さん)」の開放を求める市民は、暴力によらずデモやストなどの行動をとる。その市民に、ついに軍側は実弾を放ち、死者は130人を超えた▼市民たちは、スー・チーさんが率いる国民民主連盟のシンボルカラーの赤のTシャツを身にまとい、赤い旗を掲げ、抗議の意思を表し続けている▼赤い非暴力のうねりが、かの国の民主化を後押しし、6月のスー・チーさんの誕生日には、白いバラを髪に差すアメ・スーの姿を、是非にも見たい。

ニュース一覧