糸島新聞
1917(大正6)年創刊

毎週木曜日発行 購読料 1カ月 900円(税込)1部 225円(税込)
糸島新聞社
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

まち角

2021.03.26

〽梅は咲いたか~桜はまだかいな~、江戸時代の端唄が原型だそうだ。三味の音が似合う、やや艶っぽい唄。江戸に生きる人たちと花たちとの近しさが感じられる▼気象庁は、今年から「生物季節観測」の対象57種を6種に縮小した。各地の気象台が標本木・動物や鳥などを観察し示す、季節の物差し。「すみれの開花日」「うぐいすの初鳴」などを1953(昭和29)年から知らせていた。気象台周辺で対象の動物や鳥を見つけることや、標本木となる植物の確保が難しくなったことが理由▼人工衛星が教える天気予報より、「ツバメの飛来が例年より10日早い」「アジサイの開花は昨年より5日遅い」の方が実感を伴うのはなぜだろう。江戸の人々のDNAが残っているのか▼縮小は残念だが、気象庁にも予算などの都合があるのだろう。ならば、自分なりに標本木や季節を感じる動物や鳥の様子を探して「私の生物季節観測」を始めるのもいいかもしれない▼そんな気分で、前原の笹山公園標高74㍍に出かけた。薄いピンクや白い桜の花が全山を覆う。しだれ桜も彩を添える。去年同様、マスク姿で散策する家族連れは見かけたが、レジャーシートに弁当をひろげる姿は見えなかった▼近くのコンビニで求めたビールを手に、身近な生命の春に触れ、元気ももらった。来年こそは、皆で花見をして、ほんの少しだけ騒げますように。

ニュース一覧