糸島新聞
創刊100周年

糸島新聞社
1917年(大正6年)創刊
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

まち角

2018.11.15

 「断捨離(だんしゃり)」は2010年の新語・流行語大賞候補。ご存じの方も多いはず。でも、収納術だと思っている人もいるのでは? 私もそうだった。断捨離の提唱者「やましたひでこ」さんの話を聞くまでは▼断捨離は、主婦だったやましたさんが、ヨガの行法(仏道を修行すること)哲学の「断行・捨行・離行」に着想を得た個人の生活哲学。当初は、「すし飯ですか?(しゃり)」「お祭りですか?(だんじり)」などと問われたそうだ。次第に広く受け入れられ、会社経営の参考にする人もいるほど認知された▼現代社会では、モノ、情報、人間関係が過剰になり、それが三つの空間=住空間、体、心=にたまり、余裕がなくなる。家がゴミ捨て場に、体がメタボに、心に憂いや閉塞感を生じさせる▼空間を快適な状態に保つには、入口の他に出口が必要で、適度に出口から何かを捨てる必要がある▼とはいえ、人には執着という強い本能があり、捨てることに自然と抵抗してしまう。「捨てる」のではなく「出す」と考えると捨てやすくなるそうだ。執着の過剰に気づき、執着から解放されることで軽やかな人生を送ることができるようになる▼なかなかに難しい話になったが、シンプルに言えば「三つの空間のうち、体と心は難しいので、まずは家の片付けから始めたらどうでしょう?」ということか。中途半端なままの衣替え、この週末、出口から何かを「出して」みよう。そうすれば、人生が少し軽やかになるかも。

ニュース一覧