糸島新聞
1917(大正6)年創刊

毎週木曜日発行 購読料 1カ月 900円(税込)1部 225円(税込)
糸島新聞社
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

まち角

2022.03.18

芥川賞と直木賞は、日本を代表する文学賞。文藝春秋創業の菊池寛が、亡き友芥川龍之介と直木三十五を偲び、昭和10(1935)年に創設した▼この春の直木賞二作はともに戦国時代の籠城譚だが、今村翔吾さん(37)の「塞王の楯」はどこか明るく、米澤穂信さん(43)の「黒牢城」は暗く謎めく▼「塞王の楯」は、戦国時代の「絶対に破られない石垣を築く」石工衆と、「いかなる城でも落とす砲を作る」鉄砲鍛冶集団との対決を描き、西国無双の柳川藩主立花宗茂が大津城を猛攻する▼「黒牢城」は、織田信長に反旗を翻し有岡城に籠城した荒木村重ミステリー。その城で幽閉中の織田の軍師黒田官兵衛が「安楽椅子探偵」を任じる。両受賞作で、福岡ゆかりの武将が大役を担う▼さらに、今村さんは家業のダンス講師として、宗茂ゆかりの立花山を臨む立花高(福岡市東区)で2年間指導した。受賞の報を受け号泣し、「教え子たちに『30歳になってからでも夢はかなう』と言って作家を目指したので、子ども達を裏切らずにすんだ」と話した。福岡との縁を、勝手に、強く感じている▼「オール讀物」最新号は、両作の序章と選評、受賞者ふたりの自伝エッセイと書き下ろし短編も掲載し、税込み1200円で糸島の書店にも並んでいる。大阪で本屋さんを営む今村さんは「皆さんぜひ地元の本屋さんにも足を運んでください」と言っている。

ニュース一覧