糸島新聞
1917(大正6)年創刊

毎週木曜日発行 購読料 1カ月 900円(税込)1部 225円(税込)
糸島新聞社
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

まち角

2022.06.10

日本のラジオは関東大震災で、正確な情報伝達が大事だと認識され、1925(大正14)年に始まった。第一声は「あ~、あ~、聞こえますか?」▼それから百年近く。NHKでは早朝に20秒程度のニュースを数本、AI(人工知能)アナウンサーが伝える。「AI自動音声でお伝えしています」の字幕がないと、AIアナとは気づかず違和感はない▼ただ、直後のリアルアナの臨機応変な応対は「さすが」だと思わせる。「AIにはこんなことできないでしょ」とも聞こえ、人の体温のようなものが心地よい▼コロナ前にハウステンボス(佐世保)のAIホテル「変なホテル」に泊まった。チェックインは恐竜ロボットにお願いし、荷物もロボットが運ぶ。棟内の「変なバー」では、モニターに映るアヤちゃんに注文すると、頼んだ酒が注ぎ口の下に置いたカップに注がれる。ただ、「酔って酒をこぼした」とアヤちゃんに告げたら、モップとバケツを持った人間の男性が現れ、手際よく掃除してくれた▼AI農夫が高齢の農業従事者を支え、AI漁師が海の事故を減らすかもしれない。自動運転技術は、必ずや交通弱者の福音になるのだろう▼蒸気機関や電灯の発明で多くの人が職を失った。しかし、それを動かし世話したのは人だった。AIが奪う仕事もあろうが、人はAIと上手に共生していくのだろう。でなければ、幸せな未来とは呼べない。

ニュース一覧