糸島新聞
1917(大正6)年創刊

毎週木曜日発行 購読料 1カ月 900円(税込)1部 225円(税込)
糸島新聞社
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

まち角

2022.06.17

メンソーレ(ようこそ)。沖縄県那覇市の「国際通り」では、マスクを着けたシーサー(獅子の守り神)が観光客を迎える。戦争で焦土と化した地に生まれた商店街は復興のシンボル。その長さから「奇跡の1マイル」と呼ばれた▼入口近くの空襲で焼けた沖縄県庁跡地に、米軍が琉球政府ビルを建設した。そこには米国民政府も入居し、多くの米国人がその通りを歩き、ドルでの買い物や飲食を楽しんだ▼東へ15分ほど歩くと、右手に牧志(まきし)公設市場がある。今は仮店舗での営業だが、来春には新築開店の予定▼一階の市場には色鮮やかな魚が並ぶ。赤いオジサン(ホウライヒメジ)、青いイラブチャー(ブダイ)そしてグルクン(タカサゴ)。ミミガー(豚の耳)や、お面のようなチラガー(豚の顔の皮)に観光客がカメラを向ける▼二階は食堂。メニューを見てどんな料理か判らなくても、ナンクルナイサ~(なんとかなるさ)。買い物帰りのオジイやオバアが、美味しそうに食べてる料理のあれこれを「アレください」とオリオンビールと一緒に頼むと、イッぺーマーサン(とても美味しい)▼琉球王国は、450年続いたが、うち270年は薩摩が支配した。明治政府が国王を追放し王朝は滅亡、先の大戦では戦場になり、戦後27年の米国占領を経て日本に帰る。今でも、日本の0・6%の面積の沖縄へ、米軍施設の七割が集中する。ワッサイビータン(ごめんなさい)。

ニュース一覧