糸島新聞
創刊100周年

糸島新聞社
1917年(大正6年)創刊
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

まち角

2019.02.21

 22日は何の日かご存じですか? 分からない方はカレンダーをご覧ください。どうです? 毎月、22日の上には必ず15日(イチゴ)が載っています。だから、「ショートケーキの日」。ということで、井原で40年以上イチゴを育てている女性の、三連棟ハウスで話を聞いてきた▼イチゴ作りは18カ月サイクル。11月にイチゴ本体から伸びたランナー(苗の子ども)をポットに移し、翌年2月にプランターへ移す。6月に、収穫を終えた前のサイクルの畑を耕す。9月、そこに苗を植え、収穫できるのが、11月から5月▼最盛期は3、4月。早起きの人は早朝3時から、逆に遅い人は夜中12時過ぎまで収穫し出荷する。まともには休めない。電照やボイラーなどの設備投資で少しは楽になったが費用は膨らむ▼養蜂家から巣箱を借り、蜂をハウス内に放ち、受粉を手伝ってもらう。寒いと蜂の動きは鈍る。蜂がハウス内を飛び回っていると、とてもうれしいそうだ。その日も、イチゴの白い花の上をハチたちが元気に飛び回っていた▲これだけ、手間と費用をかけ、心を砕いて育てられたイチゴが、おいしくないはずはない。農家の人の丹精込めた仕事を思い、感謝し、「おいしか~」と食べねば罰が当たる▼だからこそ、イチゴ泥棒は絶対に許せない。短時間で熟れ頃のイチゴだけを盗む手口から、イチゴ栽培経験者とも思われる。イチゴ農家の苦労を知っているはずだ。ほんなごとい、そげな人こそ、罰かぶりんしゃりゃあいいとい。

ニュース一覧