糸島新聞
創刊100周年

糸島新聞社
1917年(大正6年)創刊
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

まち角

2019.03.7

 日本気象協会は、福岡の桜の開花を、平年よりかなり早い16日と予想した。糸島市・加布里公園のそれは、まだまだ固いつぼみだが、前原東のみとま花園の店頭には、一足早く啓翁(けいおう)桜が並ぶ▼花見といえば「醍醐(だいご)の花見」か。1598(慶長3)年、豊臣秀吉は京都・醍醐寺で華やかな花見を行った。同年亡くなる秀吉最後の歓楽といわれている▼その醍醐寺は、1100年以上の歴史を持つ真言密教の名刹(めいさつ)。平安時代に聖宝(しょうぼう)が、醍醐(乳を発酵させた甘くて濃厚な液体)味の水が湧き出ると草庵を結んだのが始まり。密教美術を含む寺宝約15万点を有する▼その中から国宝32件、重要文化財49件を含む104件を紹介する「京都・醍醐寺 真言密教の宇宙」(24日まで)を見に、太宰府の九州国立博物館へ出かけた▼薬師如来の半眼に吸い込まれそうになり、両脇持像(りょうきょうじぞう)のほほ笑みにクラクラと目まいを覚え、象に乗った帝釈天と牛に乗った閻魔(えんま)天に驚く。さらには、不動明王と従う4体の明王、炎を背負う五大明王像の躍動感と熱量にひれ伏す。「憤怒」と「包容」、「動」と「静」相反する姿をそれぞれに表現しているそうだ▼帰りは、火照った体と頭を冷やしに、太宰府天満宮に回った。境内6千本といわれる梅の花の姿と香り、それは見事だった。読者の皆さまが、穏やかな春を過ごせますようにと、薬師如来さまと天神さまにお祈りさせてもらいました。

ニュース一覧