糸島新聞
創刊100周年

設置販売店
ファミリーマート
  • 二丈福吉店
  • 前原末永店
  • 糸島加布里店
  • 志摩可也小学校前店
  • JR筑前前原駅前店
  • 福岡周船寺1丁目店
糸島新聞社
1917年(大正6年)創刊
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

81歳の上原義和さん、再びホールインワン 8年ぶり2回目

2020.03.6

2度目のホールインワンを喜ぶ上原さん

 ゴルフ歴47年の上原義和さん(81)=糸島市高田=が2月21日、同市二丈吉井の二丈カントリークラブの6番ホール(133㍎、パー3)で、ホールインワンを達成した。80歳を超えての快挙に「この年になってホールインワンができるとは」と満面の笑みを浮かべた。

 上原さんはこの日、ゴルフ仲間4人とラウンド。6番ホールは打ち上げのティーショットで、うち3人がグリーンにワンオン。ところが、「グリーンに乗ったはずの私のボールだけが、なぜか見当たらなかった」と上原さん。仲間の一人が「入っとうかも」と走ってホールカップをのぞきに行ったところ、穴の中に見事に収まったボールを見つけた。

 一つ前の組でプレーしていた人にホールインワン達成の目撃者となってもらい、同クラブに「ホールインワン申出確認書」を発行してもらった。「もう年だしやめようか」と思っていた、記念品などの費用を補償するゴルファー保険を、思い直して1月弦日に更新したばかりだった。一緒にラウンドした仲間とは、「お祝いしよう」とその日、上原さんのおごりで焼き肉を食べに行ったという。

 アマチュアゴルファーがホールインワンを出す確率は、一生に一度あるかないかともいわれるが、上原さんは2012年に続いて2回目。79歳の時には、自分の年齢以下のスコアで回る「エージシュート」も成し遂げた。

 今でも自宅近くのゴルフ練習場でほぼ毎日、80〜100球を打ち込み、同クラブで週1回、仲間たちとラウンドを楽しむ。当日のスコアは彟。飛距離はあまり出ないが、ボールが真っすぐ飛ぶように心がけているという上原さんは、「これからも元気で長く、ゴルフを続けたい」と目じりを下げていた。

ニュース一覧