糸島新聞
創刊100周年

設置販売店
ファミリーマート
  • 二丈福吉店
  • 前原末永店
  • 糸島加布里店
  • 志摩可也小学校前店
  • JR筑前前原駅前店
  • 福岡周船寺1丁目店
糸島新聞社
1917年(大正6年)創刊
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

早く仲間と野球したい 一貴山スカイヤーズ・永村新主将

2020.04.17

母紀子さんがトスした球を、ネットに鋭く打ち返す永村君

 「早く仲間とグラウンドに立ちたい」―。糸島少年野球連盟に所属する一貴山スカイヤーズ(浦田昭一監督)の新キャプテン・永村翔悟君=新6年生=は、チームメートらの体調を案じながら、グラウンドでの再会を期して、黙々と自主練習に励んでいる。

 投手、捕手、遊撃手の複数ポジションをこなす永村君。練習内容もシャドーピッチング、壁当て、素振り、ランニング、ストレッチなど、日によってさまざま。1日の終わりに、野球ノートに練習内容と課題、家の手伝いをした内容を書いてから眠る。

 時には母の紀子さんに手を借り、ネットを使ったトスバッティングも行う。「(お母さんの)トスがばらばらだから、バットコントロールがつきそう」と笑って話す。「目標は、ホークスの今宮健太選手。グランウンドで仲間との連携プレーを決め、観客を沸かせたい」と思いをはせた。

 自主練習を見守った紀子さんは「6年生たちにとって、スカイヤーズのユニホームを着る最後の年。また以前のような日常が戻ってくるのか不安はあるが、監督やコーチ、チームの仲間、保護者の皆さんとグラウンドで会える日を、親子で心待ちにしている」と語った。

 7日の緊急事態宣言を受け、小中学校の臨時休校が5月6日まで延びたことなどで、3月22日に開幕予定だった同連盟のリーグ戦は2度延期に。現時点での開幕予定は5月17日。「一戦一戦を大事に。一つでも多く勝って、仲間と一緒に一球でも長く野球を」と目標を定めた永村君は、闘志を燃やしている。

ニュース一覧