糸島新聞
創刊100周年

糸島新聞社
1917年(大正6年)創刊
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

糸島スーパーシニアベースボール 夢は〝甲子園〟出場

2019.01.1

 糸島市立前原東中の運動場で昨年11月、中学生と高齢者が野球で世代を超えた真剣勝負を繰り広げていた=写真。

 糸島市の高齢者でつくる野球チーム「糸島スーパーシニアベースボール倶楽部」(稗田英司監督)は2017年に発足。きっかけは、佐賀県鳥栖市の高齢者野球チームと少年野球チームの試合。「祖父と孫ほどの年齢差があるにも関わらず、野球で対等に戦っている姿に感銘を受けた。輝いて見えた」と発起人の田浦重幸代表は話す。

 メンバーは、最年少59歳から78歳の最高齢まで17人。中には、定年退職後60代で野球を始めた人や、30年以上のブランクを経て再始動した人も。同市志摩の芥屋グラウンドなどで月に2、3回のペースで練習に励んでいる。

 設立当初は、三塁から一塁への送球がままならないメンバーも多く、体づくりからスタート。練習を重ねるたびに、昔の感覚を取り戻すかのように上達し、ヒット性の当たりを好守でアウトにするほどに。

 昨年12月2日には、唐津シニア野球クラブ(佐賀県唐津市)との練習試合も実現。九州還暦軟式野球選手権大会を2連覇した強豪だ。地元の中学野球部や少年野球チームとも試合を行い、世代間ギャップをものともせず交流する。

 同倶楽部には、旧前原サンデー野球連盟(現糸島野球連盟)時代に、優勝を懸けてしのぎを削った各チームの元エースらも所属。大きな可能性を秘めている。

 夢は、甲子園球場(大阪府)で開かれる「おじいちゃん甲子園」(日本生涯還暦野球協会主催)や、「福岡県還暦野球大会」への出場。「昔取ったきねづか。孫世代には負けられない。私たちもまだまだ、これからですよ」と田浦さん。挑戦は始まったばかりだ。

ニュース一覧