糸島新聞
1917(大正6)年創刊

毎週木曜日発行 購読料 1カ月 900円(税込)1部 225円(税込)
糸島新聞社
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

二丈中卒業式、80人が巣立つ

2022.03.18

二丈中で卒業式

 糸島市二丈深江の二丈中(中村信彰校長)で11日、卒業式が行われた。昨年同様、来賓祝辞などを取りやめて式典時間を短縮するなど、新型コロナ対策を徹底。3年生80人が、通い慣れた母校に別れを告げた。

 中村校長は式辞で「今、世界の平和、社会の秩序が乱されています。武力による侵攻は多くの命を奪い、平和に生きる権利を阻害する最大の人権侵害です。これから社会を担う皆さんは、どうか人々が平和を土台として幸せに、そして豊かに生活できる社会づくりに貢献してくれることを切に願っています」と述べた。

 在校生代表の土井瑛太さんは「先輩方は、それぞれ新しい道に進まれます。二丈中で学ばれたことに自信を持ち、一歩ずつ進んでください。在校生一同、心より応援しています」と送辞。

 卒業生代表の畑知遼(ちはる)さんは答辞で「私たちはこの3年間で、どんな状況でもやり抜く力や、支え合うことを学びました。これからは二丈中で得た多くの思い出や学びを生かし、大きな壁にぶつかったとしてもそれぞれの道に向かって、自分の足で力強く歩んでいきます。3年間、本当にありがとうございました」と感謝の言葉を述べた。

 

 花で生徒励ます 二丈中PTA

二丈中PTAハートの花束

 

 コロナ禍の中、頑張る生徒や支える先生たちにエールを送り、感謝の気持ちを伝えたいと、糸島市二丈の二丈中PTA(吉冨藤雄会長)の学年委員を中心にとなり、同校の中庭デッキにプリムラ(サクラソウ)の花苗ポットを並べ、縦横約3㍍のハートを描いた。

 今年度は、新型コロナの影響で3年生の修学旅行が一日研修となったり、体育祭の代わりに体育発表会を行ったりと、生徒たちは我慢を強いられる一年だった。また同校PTAの活動も縮小や延期、中止が相次いだことから、「思い出を残してあげたい」との声が会員の中から上がっていた。

 2月23日にPTA役員が学校に集まり、ひもでハートを描いた中に、赤やピンク、黄色の花を咲かせたプリムラのポットを並べた。花でできたハートは4日まで飾られた後、SDGsの取り組みとして、花の命をみんなで引き継ぐために生徒が一人2個ずつ、家に持ち帰った。

 同PTAによると、生徒たちは「花があることで、気持ちが和らいだ」と話し、家庭でも会話に花が咲いたという。

ニュース一覧