糸島新聞
創刊100周年

糸島新聞社
1917年(大正6年)創刊
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

北原・田尻区画整理が始動 高層ビルや大型商業施設   21年度竣工予定

2018.10.25

九大に向かって延びる学園通線の周辺に広がる北原・田尻地区の開発エリアの一部(紫色の部分)=航空写真は西都校区自治協議会提供

 福岡市西区のJR九大学研都市駅周辺の再開発の新たな目玉で、九州大伊都キャンパスに延びる学園通線沿いの約11・8㌶に、住宅や大型商業施設などを整備する「福岡市北原・田尻土地区画整理組合」(109人)の設立総会が21日、福岡市農協元岡支店で開かれた。

 事業計画案などによると、総事業費は28億3500万円。来春着工、2021年度の竣工を予定(施工期間は22年9月まで)。計画人口は730人。

 国道202号と学園通線が交わる北原西交差点付近には地区のシンボルとして、高層ビル2棟を建設。地域と学生などが交流できる施設や、賃貸・分譲マンションなどが入る見込み。学園通線沿いには大型商業施設やクリニック、健康増進施設を整備。ブック&カフェや生鮮スーパー、金融機関なども道沿いに計画されている。西側は戸建て住宅や4~5階建ての集合住宅の建設を計画。

 来賓として出席した福岡市農協の鬼木晴人代表理事組合長は「『宮崎開(びらき)』の農地開墾は江戸時代の農家の生活向上を思い行われた。今回の区画整理も皆さまの生活の向上に寄与するものと思う」とあいさつした。

 同土地区画整理組合の理事長に選任された三苫一美さん(67)=西区田尻=は「九大移転と共に発展する地域のまちづくりの起点となる事業を成功させ、次世代に引き継いでいきたい」と語った。

ニュース一覧