糸島新聞
創刊100周年

設置販売店
ファミリーマート
  • 二丈福吉店
  • 前原末永店
  • 糸島加布里店
  • 志摩可也小学校前店
  • JR筑前前原駅前店
  • 福岡周船寺1丁目店
  • 糸島波多江駅北1丁目店
糸島新聞社
1917年(大正6年)創刊
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

暴走族摘発、県境越え連携 糸島、唐津署など

2019.09.12

エンジン音の大きいバイクを合同で調べた=7日午後11時ごろ、二丈パーキングエリア

 暴走族の騒音被害が増えていることから、糸島署と佐賀県警唐津署、九州運輸局などが連携し7日夜から8日未明にかけ、糸島市二丈鹿家の国道202号・二丈パーキングエリアで、合同取り締まりを行った。

 糸島署によると、同署管内の暴走族関連の110番通報は、2017年の約80件に対し、18年は約110件と増加。今年上半期の通報件数は県内35署中ワースト10入りし、同署は「過去になかった」とまゆをひそめる。

 昼は、鳴き砂で有名な「姉子の浜」目当ての観光客でにぎわう同駐車場だが、夜は福岡、佐賀両県から暴走族や旧車會(きゅうしゃかい)が〝目的地〟とするたまり場に変貌。時にはオートバイが10台以上集まり、駐車場内でエンジンをふかしながら走行することもあるという。近隣住民から「騒音被害のみならず、国道202号での危険な運転など迷惑行為を続けている。夜間の防犯カメラ設置を検討してもらいたい」といった声も聞かれる。

 事態を重く見た同署は、隣接する唐津署と昨年に続き合同取り締まりを実施。午後10時から、検問を設けて爆音を響かせる車やオートバイを駐車場内に誘導し、職務質問をした。

 同時に、通行車両のナンバーを読み取って、車検切れや無登録の車両をその場でチェックできる可搬式ナンバー自動読み取り装置を用い、同局が車検切れ車両の街頭検査も行った。

 この夜は雨交じりの天気だったこともあり、暴走族などの摘発には至らなかった。糸島署交通課の中山圭三課長は「暴走行為をしにくい環境をつくることが必要。駐車場の管理者とも協力し、対策を打ちたい」と口元を引き締めた。同署は今後も、厳しく取り締まりを続ける方針だ。

ニュース一覧