糸島新聞
創刊100周年

設置販売店
ファミリーマート
  • 二丈福吉店
  • 前原末永店
  • 糸島加布里店
  • 志摩可也小学校前店
  • JR筑前前原駅前店
  • 福岡周船寺1丁目店
  • 糸島波多江駅北1丁目店
糸島新聞社
1917年(大正6年)創刊
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

「芥屋かぶ」僕たちがつなぐ 引津小、初の採種取り組み

2020.01.17

東さん(中央)と糸農生(右端)に教わりながら芥屋かぶを収穫する引津小2年生

 糸島市志摩地区の引津小は、志摩芥屋に300年ほど前から伝わる伝統野菜「芥屋かぶ」を校内の畑で栽培し、取った種を植え継ぎながら種を守る活動に、今年度から取り組んでいる。同小はこれまで、芥屋かぶの栽培と漬け物加工をしたことはあるが、種を扱うのは初めて。

 在来種である芥屋かぶは、農家が自家用に栽培し種を取る「自家採種」の形で守り継がれてきた。赤紫色の皮をむくと白いが、甘酢漬けにすると美しいピンク色に変わるのが特徴。

 同小で指導に当たるのは、22年前に関東から芥屋に移住し、芥屋かぶの継承に15年間ほど取り組む東紀子さん。東さんから学んでかぶを自校で育てる糸島農高・農業技術科の生徒も協力した。

 昨年12月中旬、同小2年生たちがかぶを次々と引き抜いて収穫。糸農生の指示で、形のいいものを採種用として確保した。

 この後、児童たちは教室で東さんと糸農生にお礼を伝え、芥屋かぶを育てた活動をまとめたアルバムと、紙粘土製の芥屋かぶキーホルダーをプレゼントした。東さんは「自分たちが育てた芥屋かぶに自信を持ち、次の2年生にも教えて、引津小で糸島の伝統野菜をつないでいってほしい」と託した。

ニュース一覧