糸島新聞
1917(大正6)年創刊

毎週木曜日発行 購読料 1カ月 900円(税込)1部 225円(税込)
糸島新聞社
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

玄洋生がSDGs体験 外部講師招き授業

2021.06.25

すてなんな君をかき混ぜる生徒たち

 

リモート授業を行う古藤さん

 

 福岡市西区田尻の玄洋高で18日、2年生約90人を対象とした体験型授業があった。総合的な探究の時間の授業の一環。校内でできるSDGs(持続可能な開発目標)をテーマに、生徒は4グループに分かれ、ゲストティーチャーからゴーヤによる「緑のカーテン」や、廃油石けんの作り方などを学んだ。

 緊急事態宣言中のため、授業はリモートで行われた。JA糸島経済部長補佐の古藤俊二さんは、自ら開発した段ボールコンポスト「すてなんな君0(ゼロ)」を使った生ごみの堆肥化について講義。同高進路指導室からオンラインで、「生ごみをただのごみと考えず、土に戻せば新しい作物を育てる養分となる」ことなどを教え、環境に配慮することや、循環型社会の重要性を説いた。

 講義後は、生徒が実際にすてなんな君を使い、食堂で出た生ごみと、発酵を促進する「天神様の地恵」をよくかき混ぜた。できた堆肥は、学校で花を育てるときに使うといい、谷口愛華さん(16)は「生ごみを肥料にすれば無駄が減るし、地球にもとても優しいと思う。SDGsに興味がわきました」と話していた。

ニュース一覧