糸島新聞
1917(大正6)年創刊

毎週木曜日発行 購読料 1カ月 900円(税込)1部 225円(税込)
糸島新聞社
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

104人で伝統の梅ちぎり桜野小の学校梅林で今年も

2021.05.28

竹の棒で梅を落とす6年生のそばで梅の実を拾う児童たち

 糸島市志摩桜井の桜野小(岡村敦子校長、104人)で梅ちぎりが19日、行われ、竹の棒で梅を落とす6年生のそばで1年生から5年生の児童が実を拾う毎年恒例の光景が今年も繰り広げられた。学校に隣接する同小の梅林4700平方㍍に120本の梅の木があり、約80年続く伝統の行事。今年は例年より梅の色付きが早く、昨年より10日ほど早い収穫となった。

 6年生18人をリーダーに3班に分かれ、5年生以下の児童が分散して、3回に分け開催。先端に布を巻き付けた2㍍ほどの竹の棒を持った6年生が梅の実を落とし、5年生以下の児童は、ビニールシートの上に落ちた梅を拾い集めた。

 児童会長の徳安海咲(みさき)さん(12)は「重い竹を持ち上げ、下に誰もいないか確認して梅をたたき落とす作業が大変だった。これで最後の梅ちぎりだと思うと悲しい」と毎年続けた梅ちぎりに思いをはせた。

 昨年は緊急事態宣言が明けて分散登校中になんとか開催でき、今年は3回に分けて児童たちが全て収穫、総重量は200㌔を超えた。6年生の保護者の一人は「感染防止の配慮が大変な中で子どもたちに今年も経験させてもらいありがたい。6年生になり『やっときた順番だ』と喜び、伝統の竹を持って登校する姿は感動でした」と話していた。

ニュース一覧