糸島新聞
創刊100周年

設置販売店
ファミリーマート
  • 二丈福吉店
  • 前原末永店
  • 糸島加布里店
  • 志摩可也小学校前店
  • JR筑前前原駅前店
  • 福岡周船寺1丁目店
糸島新聞社
1917年(大正6年)創刊
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

糸島市内、感染者11人に 市長「力結集し難局越えよう」

2020.04.10

「1カ月後の明るい展望のため、市民の理解と協力をお願いする」と力を込めた月形市長

 新型コロナウイルスの感染拡大に備える改正特別措置法(新型コロナ特措法)に基づき、7日に出された緊急事態宣言の対象地域に福岡県が含まれたことから、糸島市は8日、市役所で記者会見を開いた。月形祐二市長は、みだりに外出をしないことなどを挙げ「このウイルスの恐ろしい点は感染しても無症状、無自覚のケースが多いこと。緊迫感を持って行動を。市民力を結集し、この難局を乗り越えよう」と語気を強めた。

 市によると7日現在、感染した市民は8人(市関係者を含めると11人)。市は、17日までとしてきた小中学校の臨時休校の期間を5月6日まで延長▽始業式と入学式は同7日以降に実施し、入学式は式典とせず教室で教員と児童・生徒による縮小した形で行う▽運動会など学校行事は5月まで中止か延期とし、6、7月分は感染状況をみて判断―と説明した。

 放課後児童クラブと保育所は通常通り開所(18日以降の同クラブは今後協議予定)とした上で、今回の宣言を受け、「子どもの感染リスクを回避するため、最大限、家庭での保育を」と保護者に改めて協力を要請。障害者施設についても継続開所とした。幼稚園は県が検討中のため、未定。

 乳幼児健診は当面延期に。学校の休校などで介護スタッフの不足が心配されることから、デイケアなど特に通所関係の事業者が自主的に臨時休業する際は、市に必ず連絡するよう文書で依頼する。

 また、直売所以外の公の施設の閉所や、地域や各団体に総会やイベントなどの中止を要請する。

 さらなる感染拡大への警戒から、コロナ関連情報を収集し各部局で共有、連携を強めて先を見越した対策を打つ「コロナウイルス対策チーム」を庁内に設ける考えも示した。

ニュース一覧