糸島新聞
1917(大正6)年創刊

毎週木曜日発行 購読料 1カ月 900円(税込)1部 225円(税込)
糸島新聞社
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

昭和の糸島368

2022.06.3

波多江に待望の公営住宅 昭和27年12月

 深刻な住宅不足が問題となっていた前原町では、県営や公営の住宅建設が急がれていた。前年には東公園跡地(前原町旭ケ丘)に二十一戸が建設されたのに続いて、波多江の池田川そばに第一期の公営住宅十一戸が完成して、入居者の募集が始まった。

 終戦から七年後の当時、全国的に働き場所も働く人も多かったのに対して、働く人のための住宅は不足していた。糸島でも同様で、勤労者のための住宅建設が急がれていた。

 住宅は十三坪の木造平屋建ての文化住宅で、間取りは六畳一間、四畳半二間。価格は土地代を含む総額四十六万円で、うち三十六万円は利息五分五厘で住宅金融公庫が融資、六万五千円は町が無利子で十八年間の貸付、入居者は残りの三万五千円を頭金として払うのが基本モデルとなっていた。

 しかし、この条件を満たすには月の収入が二万四千円程度必要とみられた。当時、糸島郡の平均的なサラリーマンの月収では入居はなかなか難しく、抽選会にも行けない人が多かったという。

ニュース一覧