糸島新聞
創刊100周年

設置販売店
ファミリーマート
  • 二丈福吉店
  • 前原末永店
  • 糸島加布里店
  • 志摩可也小学校前店
  • JR筑前前原駅前店
  • 福岡周船寺1丁目店
糸島新聞社
1917年(大正6年)創刊
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

【糸島びと】31年、地域に愛され 移動パン屋「麦パン」・石郷清さん(52)

2020.04.25

「アンパンマンパンも人気商品です」と笑顔で

 人気アニメ「サザエさん」のオープニング曲をかけながら、パン激戦区の糸島地域を駆け回る。民家の軒先や商店の駐車場など約100カ所に止まって売る移動パン屋「麦パン」として、おいしいパンを31年間、毎日(日曜除く)届けてきた。

 兄勇治さん(57)が国産小麦100%にこだわり経営する「麦パン」=糸島市立志摩中の横=で焼き上げた、約60種類のパンを車に載せる。1日600個ほど。チョコやチーズなどを生地に練り込む「マーブルパン」が人気商品だ。

 最初の5年間は、車を止めて売る場所を探しては1軒1軒頭を下げお願いした。長年の苦労が実り、きめ細かな固定ルートができた。パン屋がない地域では滞在時間を長くするなど、地域密着の配慮が人気を支える。固定客は千人を超すという。

 「いまではお客さんがお客さんを呼んでくれる。地域愛というか、糸島の人たちに助けられました」と相好を崩す。

 午前10時からの販売は午後8時まで。意外に遅い。

 かつて大勢の子どもでにぎやかだった新興住宅地で、いまはすっかり高齢化している団地も。そういう所は、お年寄りがデイサービスに通うため日中は閑散としている。デイから帰宅する午後6時ごろを狙って巡回すると喜ばれる。その後、同7〜8時までは、部活帰りの子どもを待つ家庭や勤めから帰る主婦などに、予約をもらっていた生クリーム食パンなどを届ける。

 子どもやお年寄りからも慕われ、ニックネームは「アンパンマンパンのおいちゃん」。「じいさん、ばあさんも待っとうけん」。おいちゃんは今日も糸島路を駆け回る。

 文と写真・吉富聡子

ニュース一覧