糸島新聞
創刊100周年

設置販売店
ファミリーマート
  • 二丈福吉店
  • 前原末永店
  • 糸島加布里店
  • 志摩可也小学校前店
  • JR筑前前原駅前店
  • 福岡周船寺1丁目店
  • 糸島波多江駅北1丁目店
糸島新聞社
1917年(大正6年)創刊
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

南風少年野球 20周年祝う記念式典 記念式典、OBら174人が集結

2020.01.31

 糸島少年野球連盟の南風少年野球(古城雅文監督)は、チーム発足20周年を記念し26日、福岡市西区泉の山水荘で式典を開いた。現役の子どもたちだけでなく、歴代OBや保護者、指導者ら174人が参加し、チームの節目を祝った。

 南風少年野球は、糸島市立南風小が開校した2000年に発足。式典で同連盟の辻智成会長は「新興住宅の中で少年野球チームを作りたいと相談を受けたとき、大人のつながりをまずつくるように話したのを覚えている。保護者会の団結が、今の常勝チームにつながった。よくぞ素晴らしいチームをつくってくれた」と賞賛。

 初代監督の竹原勝利さんは「ゼロからのスタートだったが、皆さんの協力で素晴らしい南風になった。これからも30年、40年、50年と続くように願っている」と振り返った。

 古城監督は、千人近かった南風小の児童が現在、700人を切っていることに触れ、「慣習で続けてきた今のチームの運営方法を変えないといけない時期に来ている。時代に合ったチームにしたい。野球離れという言葉を耳にするが、1人でも多くの子どもに野球を経験してもらい、さらにいいチームにしたい」と話し、「子どもたちに感謝。人に恵まれた20年だった」と述べた。

 新キャプテンの岸川駿吾君は「大会で優勝して、20周年にふさわしい成績を残したい」と意気込んだ。
式典後は懇親会となり、1期生から18期生までが壇上で自己紹介や近況を報告。懐かしい顔が集まり、久しぶりの再会を喜んだ。今後は縦のつながりも大切にしていきたいとの意向から、1期生で現コーチの平山剛規さんが呼び掛け、OB会が正式に発足した。

ニュース一覧