糸島新聞
創刊100周年

設置販売店
ファミリーマート
  • 二丈福吉店
  • 前原末永店
  • 糸島加布里店
  • 志摩可也小学校前店
  • JR筑前前原駅前店
  • 福岡周船寺1丁目店
  • 糸島波多江駅北1丁目店
糸島新聞社
1917年(大正6年)創刊
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

西都小、新設小の通学区域案 南北分離、福岡市教委が提示

2019.10.4

福岡市が提示した通学区域案。水色が西都小、黄色が新設小

 福岡市西区の西都校区で、児童数が急増した西都小から分離し2023年度開校を目指し校区北端に建設予定の新設小学校の通学区域協議会が9月25日に開かれ、同市教委が初めて通学区域案を提示した。

 案によると、西都1丁目と北原1丁目以北が新設小、西都2丁目と徳永北以南は西都小の区域。この案に沿うと、開校時の規模は新設小510人(19学級)、西都小810人(29学級)となる。西都小の過大規模(31学級以上)解消と新設小の適正規模(12~24学級)内という、市教委の目標は満たされている。

 新設小の予定地が元岡、玄洋両校区の境界に掛かることから、両校区の一部編入も論点になっていたが、編入しない案となった。

 8月に発足した同協議会は西都校区と周辺の4校区(元岡、玄洋、今宿、周船寺)の自治協議会、公民館、PTA、小中学校の各代表で構成。「まだ大規模マンションができている。数年後に同じような議論が起きないようにしてもらいたい」といった意見も出た。

 また今の元岡中1年生が10クラスあることから、同中から分離させる新設中建設を望む声も多くあった。市教委は「(元岡、周船寺、西都、新設で)小学校が四つになるので、検討中の段階」と答えた。

 通学区域案は今後、各地域に伝えられ、アンケートも実施し、年度内に協議会としての案を決め、来年4月に区域が決定する見込み。

ニュース一覧