糸島新聞
創刊100周年

設置販売店
ファミリーマート
  • 二丈福吉店
  • 前原末永店
  • 糸島加布里店
  • 志摩可也小学校前店
  • JR筑前前原駅前店
  • 福岡周船寺1丁目店
  • 糸島波多江駅北1丁目店
糸島新聞社
1917年(大正6年)創刊
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

【糸島びと】「トマコロ」移動販売、奮闘中 小林佐代子さん(61)

2019.09.6

スマホの着メロは韓国の人気アイドルグループ「BIGBANG(ビッグバン)」の曲。「大好き。キッチンカーでCDを流すことも」。

二つに割ったトマコロ

 湯引きした2Lサイズのトマトの種をくり抜き肉じゃがを詰め、パン粉を付け丸のまま揚げたトマトコロッケ。自家製タルタルソース付き。直径10㌢ほど。「TOMACORO(トマコロ)345」の屋号が書かれたキッチンカーから顔を出し「熱々がおいしいですよ~」。お客さんに元気な声を掛ける。

 1年前、大型で非常に強い台風の接近で「糸島市民まつり」(9月29、30日)が中止になった話を振ると、一瞬ほろ苦い表情に。

 まつりで注目が集まる食イベント「糸島グルメグランプリi―1」。長男と居酒屋を開いていた時の人気メニュー「トマコロ」での初出店が決定。1日300食を2日間出さねばならない。だが、糸島でトマトが9月半ばからひと月ほど品薄になると知ったのは、まつり直前。奔走し1個150円で600個注文。中止後、半分だけ八百屋さんが引き取ってくれた。

 345(さよこ)はそんなことではめげない。傷む前にトマコロを揚げ、イベントを開きそうな事業所に飛び込み営業して回った。「コロッケで1個500円は高いね」と言われても、「おいしいからぜひ食べて」と差し出した。

 JA糸島の伊都菜彩に1年前から置いている。「今年6月ごろから完売するようになってねー」。笑顔がほころぶ。「移動販売は知らない人との出会いが楽しい。もうけはほぼないんだけど。今年の市民まつり? 『明太うどん』で出ますよ」。糸島市板持在住。

 文と写真・南家弘毅

ニュース一覧