CONTENTS

 


H24年11月15日号
ヒッグス粒子の謎を解く 講演会に104人


 講演会「国際リニアコライダーでヒッグス粒子の謎(なぞ)を解く!」(先端基礎科学次世代加速器研究会など主催)が10日、糸島市の市役所本庁舎であり、104人が宇宙の神秘に思いをはせた。

 脊振山地は、物質の最小単位である「素粒子」の研究を行う実験施設「国際リニアコライダー(ILC)」の建設候補地の一つとなっている。講演会は、同施設への関心を高めようと開かれ、高エネルギー加速器研究機構(KEK)の藤本順平氏が「宇宙をつかまえるリニアコライダー」、県のILC担当主査、米澤英彦氏が「科学は娯楽潤`都市構想のめざすもの」と題し講演。











株 式 会 社 糸 島 新 聞 社 〜ITOSHIMA Newspaper Office〜
住所:福岡県糸島市前原東一丁目8番17号
電話:092(322)2220 Mail:itoshin@blue.ocn.ne.jp
記事・写真・画像の無断使用を禁じます Copyright ITOSHIMA Newspaper Office All rights reserved.