CONTENTS

 


H25年8月29日号
記録続出 今夏の猛暑 渇水のち大雨
 福岡市と糸島市では異例の暑さが続き、観測史上初の記録が続出する夏だった。また、降水量が7月は平年の約2分の1、8月は23日まで雨らしい雨が降らずダムやため池の貯水量が減少。農業では秋野菜の作付けが遅れるなどの影響が出ていたが、24日と25日に一転して土砂災害が心配されるほどの大雨が降った。

 福岡市では最高気温が35度を超える猛暑日が17日連続、8月20日には37・9度という、1890年からの観測史上初の記録を出した。

 糸島市前原の観測地点では、7月の平均気温が29・5度で全国3位。鹿児島市や沖縄県那覇市より高かった。日の最高気温は観測史上10位内に入っていないが、最低気温の高いほうから1位〜4位、6、7位、10位を今年7月と8月に記録した。



株 式 会 社 糸 島 新 聞 社 〜ITOSHIMA Newspaper Office〜
住所:福岡県糸島市前原東一丁目8番17号
電話:092(322)2220 Mail:itoshin@blue.ocn.ne.jp
記事・写真・画像の無断使用を禁じます Copyright ITOSHIMA Newspaper Office All rights reserved.