ゆきぞの・そね幼稚園・前原幼稚園

0615ジンバブエ交流会少しアップジンバブエ楽団と交流 ゆきぞの・そね幼稚園

糸島市曽根の学校法人西福岡学園(中西良夫理事長)、「そね幼稚園」で7日、アフリカジンバブエの子どもたちの楽団「ジャナグル」による民族音楽演奏会と交流会が開かれ、同園の子どもたちと姉妹園の「ゆきぞの幼稚園」の子どもたち約210人が、演奏や踊りを楽しんだ。
同交流会は、ジンバブエ・福岡異文化交流支援の会(高橋朋子代表)が企画したもので、高橋代表がジンバブエに設立した「ジャナグルアートセンター」で伝統音楽とダンスを学ぶ生徒たち4人と指導者2人が来園した。
ホールで行われた演奏会で、楽団のメンバーはアフリカの民族楽器「ンビラ」や「ンゴマ」という太鼓などを演奏し、雨乞いのダンスや豊作に感謝する踊りなどを披露した。さらにメンバーは、日本の歌「幸せなら手をたたこう」を園児と一緒に歌い、園児にアフリカンダンスを指導、ステージに上がった園児は楽しそうにダンスを踊った。
園児からメンバーへの質問コーナーで5歳の園児が「日本の食べ物で何が好きですか」と問うと「すしとから揚げ」とメンバーが答えるなど、数々の交流で園児とメンバーが触れ合った。

 

0615園児が花束市役所に花束贈る 前原幼稚園

糸島市前原西、前原幼稚園(平野静枝園長)の平野園長と園児が7日、市役所を訪れ、谷口俊弘副市長らに「いつも、ありがとうございます」と花束を贈った。
同幼稚園では、毎年6月に「花の日」というキリスト教の行事を行い、園児が自宅から持ち寄った花束を公共施設などに贈っている。
市役所では、4歳児14人が谷口副市長ら5人に花束を手渡した。谷口副市長は「きれいな花をありがとう。これから暑くなるので体に気を付けてすごしてください」と、お礼を述べた。
この日、同幼稚園では園児が手分けして、JR前原駅や糸島署、市消防本部などを訪れ、花束をプレゼントした。


株式会社糸島新聞社

福岡県糸島市前原東一丁目8番17号
電話:092(322)2220
Mail:itoshin@blue.ocn.ne.jp