小雪もなんの、可也山2周 志摩アスリート連覇 糸島駅伝48回目

0208糸島駅伝 冬の糸島の一大スポーツイベント「糸島駅伝大会」(同実行委、糸島青年団体連合会主催、糸島新聞社など後援)が4日、糸島市志摩の可也小を発着点に開かれ、可也山の麓を2周する10区間約25㌔を、44チームがたすきをつなぎ走り抜けた。
 開会式では、園田洋久実行委員長が「仲間と親睦を深め、いい思い出となるよう頑張って下さい」と激励。前回大会優勝の志摩アスリートチームが優勝旗を返還後、へいせいグループAチームの大﨑鉄平さんが「正々堂々戦い、走り抜くことを誓います」と高らかに選手宣誓した。
 午前10時、スタートの号砲で第1走者が一斉にコースへ飛び出して行った。雪が散つく中、息を切らしながら力走する選手たちに、沿道から各チームの応援者や地域の人たちが大きな声援を送っていた。
 駅伝終了後にミニマラソン(約1・8㌔)が行われ、大勢が参加した。JA糸島青年部による豚汁の炊き出しもあった。
 成績は次の通り。


株式会社糸島新聞社

福岡県糸島市前原東一丁目8番17号
電話:092(322)2220
Mail:itoshin@blue.ocn.ne.jp