2015年2月

まち角

2月も終わりに近づき、来週は二十四節気の「啓蟄(けいちつ)」を迎える。冬ごもりをしていた虫たちが、春を感じとって地上にはい出してくる時期だ▼とはいっても、北日本などではまだ雪に悩ませられている地域も多い。そんな雪国でLE […]


2月26日

■催し■ 糸島植木まつり 3月1日(日)まで10時~17時 糸島市前原中央・丸田池公園 行徳さん090(1166)2458 税の無料相談 27日(金)14時~16時 糸島市前原中央・西福岡青色申告会 同会(322)259 […]


酒蔵見学や限定酒販売  白糸酒造でハネ木祭り

 糸島市本の白糸酒造(田中信彦社長)で21、22の両日、ハネ木祭りが開かれ、同市や福岡市などから家族連れやカップルなど大勢の市民が訪れた。 同酒造の酒蔵では全国唯一のハネ木搾りで酒をつくっており、酒蔵見学や生酒田中六五の […]


スポコン広場県大会 深江小が2連覇

 福岡県教育委員会が主催し、子どもの体力増進を目的にインターネット上で開かれているスポーツの祭典「スポコン広場」。この県大会が22日、福岡市博多区のアクシオン福岡で開かれ、深江小(糸島市二丈深江、木村英樹校長)の6年1組 […]


住み慣れた地域で自立した生活を  地域包括ケア始動へ

糸島市は新年度から市内を5地域に分けて「いとしま地域包括ケアシステム」を開始する。市民が要介護状態になっても住み慣れた地域で安心して自立した生活を続けることができるよう、医療、介護、介護予防、見守り・生活支援、住まいを一 […]


200の難問に挑戦 初のいとしま検定に40人

 糸島市のご当地検定「いとしま検定」(同市観光協会主催)が22日、市役所本庁舎(同市前原西)であり、約40人が問題に挑んだ。 「日本で最古の稲作発祥地の一つといわれる遺跡は」、「市内で唯一海苔(のり)の養殖がされていると […]


道路拡幅し歩道設置へ 「危険」と指摘の前原駅ー南風台への市道

 糸島市は、「歩道がなく危険」などと地元から声が上がっていたJR筑前前原駅南口から南風台中央交差点までの市道で、歩道を設けるなど歩行者の安全を図るため、新しい道路の建設工事を進めている。2016年3月末の供用開始を予定し […]


まち角

先週号の記事で、弁天橋そばの「前原の3本松」のうち1本が枯れ始めたと書いたが、とうとう伐採され2本になった▼松といえば、一昨年、世界文化遺産に登録された静岡県の「三保の松原」で、地元の人たちが松原の景観を守る活動の一環と […]


2月19日

■催し■ 糸島植木まつり 3月1日(日)まで10時~17時 糸島市前原中央・丸田池公園 市施設管理課(323)1111内線(1732) 糸島市出前講座 20日(金)10時~11時半 糸島市前原中央・いとしま工芸 市保健福 […]


子どもたちに運動の楽しさを 福吉小で体力向上学習会

 糸島市二丈吉井の福吉小体育館で10日、同小の5、6年生に運動に興味を持ってもらうため、スポーツ科学の専門家を招いた出前講座が開かれた。 福岡大スポーツ科学部助教の池永昌弘さんと當眞裕樹さんが講師を務め、人間の体が進化し […]



株式会社糸島新聞社

福岡県糸島市前原東一丁目8番17号
電話:092(322)2220
Mail:itoshin@blue.ocn.ne.jp