糸島新聞
創刊100周年

設置販売店
ファミリーマート
  • 二丈福吉店
  • 前原末永店
  • 糸島加布里店
  • 志摩可也小学校前店
  • JR筑前前原駅前店
  • 福岡周船寺1丁目店
糸島新聞社
1917年(大正6年)創刊
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

糸島の子どもたちのいま⑥

2020.04.24

 卵焼き調理「できる」78・5%

 

 最終回のテーマは「お手伝いと自炊」。自宅で「お手伝いをしているか」の質問に、「毎日する」が29・8%、「よくする(週に数回)」が27・6%、「たまにする(月に数回)」は36・5%だった。「全くしない」も5・8%いた。

 

 学校から帰宅後に家の手伝いをする時間を問うと、半数の53・1%は「29分以下」。「30〜59分」が22・9%、「60〜89分」は6・6%だった。1時間半以上する児童が18人(2・2%)いた一方、「0分」も129人(15・2%)いた。平均は20分。

 

 自炊を1人でできるかどうか、「ご飯炊き」「みそ汁(インスタント除く)」「卵焼き」について聞いた。「できる」と答えたのは、ご飯が82・8%、みそ汁73・2%、卵焼きは78・5%だった。

 

 実際に、家で料理の手伝いをしているかとの問いに、「毎日する」(7・6%)、「よくする(週に数回)」(23・3%)が合わせて3割。「たまに(月に数回)」が50・7%だった。

 

 糸島らしい質問として、「(学校の授業以外での)農作業経験があるか」を問うた。「たくさんある」が17・9%、「ある」が37・8%で、合わせて約55%が経験者。農作業の好き嫌いでは、「大好き」11・9%、「好き」36・8%、「あまり好きではない」39・8%、「嫌い」11・3%。好き嫌いは分かれた。

 

 糸島市内の全小学校6年生(1015人)を対象に昨年12月、同市と九州大との共同研究として実施された、子どもたちの食と暮らしの一端を知るアンケート。アンケートの実施を発案・提案した「糸島市志摩男女共同参画ネットワーク」は、この結果から見えてくることを考え、地域で食育を推進する活動に生かしていきたい、としている。

 

 (おわり)

 

 この連載は南家弘毅が担当しました。

ニュース一覧