糸島新聞
創刊100周年

糸島新聞社
1917年(大正6年)創刊
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

前原エリア、九大生増加中 周船寺以西、1年半で約100人 レオパレスの入居概況より

2018.11.1

糸島市神在地区のレオパレスのアパート。美咲が丘駅から徒歩10分。自転車通学の九大生が多く、駐車場は空いているそうだ

 9月末に完成した九州大伊都キャンパス(福岡市西区、糸島市)に通う学生(大学院生、留学生含む)約1万5500人のうち、糸島市内に住む学生がこの春から急激に増えたことが、アパート・マンション管理大手のレオパレス21(本社・東京)のアパート入居概況から分かった。

 これまで九大生の主な住まいは、キャンパス周辺の伊都協奏館やドミトリー1~3などの学生寄宿舎、JR九大学研都市駅や周船寺駅(以上西区)周辺、もしくは糸島市泊地区のアパートやマンションとされてきた。交通利便性の高い学研都市駅近くなどは空き部屋が少なく、糸島市内で暮らす選択は、学生にとって第1希望ではなかったかもしれないが、結果として同市内に九大生が増えた。

 同社賃貸事業部学校法人営業部九州ブロックなどによると、糸島市内にある同社のアパート物件は、潤(6棟)、前原北(5棟)、浦志(4棟)などJR筑肥線沿線を中心に25棟。筑前前原駅の西側にも、美咲が丘や神在などに数棟ずつある。

 昨年3月時点で、25棟の計447室のうち、4分の1に当たる118室が空室だった。ところが、今年3月から「糸島物件」希望者が急に増え、10月19日時点で空き部屋は7室のみ。担当者は「急増した希望者の大半は九大生」と話す。9月末時点で糸島市内のレオパレス物件入居者のうち九大生は98人。このうち3分の1は外国人留学生という。

 同事業部によると、糸島市内の物件の間取りの95%は1K。家具、冷蔵庫、洗濯機などが備え付きで、各戸にセキュリティーのつく物件が多い。家賃は3万円代後半から4万円代前半。

 同事業部西日本第3センター・パートナー営業部の深瀬雅人営業部長は「今後も糸島で新規物件開発を考えており、お持ちの土地を活用させていただきたい」と話す。糸島市内を拠点にする九大生はまだ増えそうだ。

ニュース一覧