糸島新聞
創刊100周年

糸島新聞社
1917年(大正6年)創刊
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

「二見ヶ浦線」 始動/外国人や高齢者ら利用/女性グループも増すか

2018.07.06

バス下車で目前に広がる二見ケ浦の景色。自家用車と違い駐車場の心配はない

 糸島市志摩地区の二見ケ浦までの交通アクセスを改善しようと、昭和自動車(佐賀県唐津市)が土日・祝日のみ、7月から9月までの3カ月間、バス路線として走らせる「二見ヶ浦線」(前原営業所―西の浦、9・8キロ)の実証運行が1日、スタートした。早速、外国人旅行客や車を手放した高齢者らが利用していた。

 同日、前原駅北口を午後2時32分に発車した同社の野北線には、韓国人女性観光客4人組や高齢のご夫婦、親子連れと思しき2人連れなど3組ほかが乗車。3組は野北バス停などで二見ヶ浦線に乗り換えた。

 その中の1組、安永欣幸(よしゆき)さん(77)、寿子さん(76)夫婦=福岡市早良区=は「二見ケ浦が大好きで、車を手放す10年ほど前までは、夕日を眺めに来るなどしょっちゅう足を運んでいた。バスを乗り継げば行けると新聞で知り来てみた。久しぶりの景色で、とても懐かしい気持ちになった」と目を細めた。

 通常のワンマンバスは運転手1人だが、二見ヶ浦線には同社の社員が別に1人同乗。乗降客の誘導と利用状況を見ることを兼ねて当面、乗車するという。同線の担当は「初日は便によっては乗客が少ない時間帯もあった。二見ヶ浦線の周知がまだ十分ではないかもしれない。夏休み期間中は、若い女性グループや親子連れなどの利用が増えるはず」と話している。

ニュース一覧