糸島新聞
創刊100周年

設置販売店
ファミリーマート
  • 二丈福吉店
  • 前原末永店
  • 糸島加布里店
  • 志摩可也小学校前店
  • JR筑前前原駅前店
  • 福岡周船寺1丁目店
  • 糸島波多江駅北1丁目店
糸島新聞社
1917年(大正6年)創刊
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

耕作放棄地でエサ確保も ふくおか・糸島山羊愛好会が発足

2019.04.18

生後1カ月の子ヤギ(左)と母ヤギ、ヤギ愛好会のメンバー

 糸島市をはじめ県内各地でヤギを飼う愛好者などが情報交換や交流を図る任意団体「ふくおか・糸島山羊(やぎ)愛好会」(藤井重登会長)の発足式が13日、糸島市潤の市健康福祉センター・あごらであり、20匹飼っている人から飼育希望者まで16人が集まった。

 酪農業を営みながらヤギ飼育を20年続けている同市本の藤井会長は「ヤギを置く生活は潤い、安らぎを与えてくれ、励ましをもらう。飼うことの素晴らしさ、大変さを伝えよう」とあいさつした。

 ヤギの飼い方を講義した上村秀子事務局長は、飼う目的―草を食べてもらう、ヤギ乳をもらう、ペットとして飼う―をはっきりさせるのがよい、と助言。飼う際の注意点として、近所から鳴き声に理解を得ておく、柵を設けて逃げ出さないようにする、病気に備えて獣医を確認する―などを挙げた。

 会員からの「ヤギをどこで放牧すれば」「エサの草の確保は」などの質問に、藤井会長は「耕作放棄地が増えており、土地の持ち主に相談すれば放牧できることも」と回答。50代の女性(同市波多江駅南)は「見学し、飼育に備えたい」と目を輝かせた。

ニュース一覧