糸島新聞
創刊100周年

設置販売店
ファミリーマート
  • 二丈福吉店
  • 前原末永店
  • 糸島加布里店
  • 志摩可也小学校前店
  • JR筑前前原駅前店
  • 福岡周船寺1丁目店
  • 糸島波多江駅北1丁目店
糸島新聞社
1917年(大正6年)創刊
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

稲穂アート仕込み完了 糸島赤米コメ道場

2019.07.11

苗の間隔などに気を配りながら田植えする参加者たち

 糸島市二丈吉井の棚田で7日、「糸島赤米コメ道場~みんなで描く赤米アート」の田植え体験と虫の観察会が開かれ、市内外から約100人が参加。毎年9月、田んぼの中に赤と緑の壮観なコントラストを描くアートの〝仕込み〟が完了した。

 二丈赤米生産組合が、地域の活性化につなげようと主催。赤米の田植えから稲刈りまで、全4回で体験するシリーズの第1弾。

 アートのキャンバスは、隣接する約20㌃の棚田2枚。品種が違う米苗を植え、穂の色の違いを利用して、イラストやメッセージを浮かび上がらせる。

 参加者らは、ロープで枠取りされた「下絵」に沿って、つくし赤モチ(赤米)やミルキークイーン(白米)など4品種の苗を植えた。足を取られて転び、泥だらけになる参加者もいて、普段は静かな田園に歓声がこだました。

 メッセージは一般から募集。昨年は「よう来たね 糸島い!」(「ようこそ、糸島へ」の意)の文字と、同市のイメージキャラクター「いとゴン」のセットだった。今年はどんなアートが飛び出すのやら―。見頃は9月10~20日の予定。

 次回の「道場」は8月25日。稲の観察会や竹の工作体験、地物産品のバーベキューを予定している。

ニュース一覧