糸島新聞
創刊100周年

糸島新聞社
1917年(大正6年)創刊
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

怡土21年ぶり優勝 地元勢がトップ3独占 糸島少年親善野球大会

2018.09.20

金メダルを掛けられ、笑顔を浮かべる怡土の選手

 小学生野球チームによる第37回糸島少年親善野球大会(糸島新聞社主催、糸島少年野球連盟共催、糸島市など後援)の決勝戦などが17日、糸島市の東風小グラウンドで開かれた。糸島同士の顔合わせとなった決勝は、怡土少年野球クラブが可也ジュニアロイヤルズとの1点を争うシーソーゲームに競り勝ち、21年ぶりに優勝した。3位は元岡少年スピリッツ。

 雨の影響で16日に延期された2、3回戦を勝ち抜き4強となった怡土と博多レッドキッズ(西日本)、元岡と可也が、17日の準決勝を戦った。
2001年の第20回大会を機に、他連盟の招待チームを含む32チームが出場するようになって、糸島勢がトップ3を独占したのは初めて。昨年優勝の南風少年野球に続き、糸島勢の連覇も初。

 糸島新聞社の行武亨社長は「君たちが将来大人になったとき、野球をする子どもたちのお手伝いをしてほしい」とあいさつ。選手たち一人一人の首に金、銀、銅のメダルを掛けた。糸島少年野球連盟の辻智成会長は「皆さんのレベルが上がったことに感動を覚えた。怡土、優勝おめでとう」と子どもたちの成長に目を細めていた。

好投怡土VS堅実可也 決戦は地元勢激突

 優勝候補のプレッシャーをはねのけ決勝までたどり着いた怡土少年野球クラブと、堅実な守備で決勝まで1点も失わなかった可也ジュニアロイヤルズが、32チームの頂点を掛けて激突。

 両チームの先発投手が好投し、3回までスコアボードは両者ゼロ行進。試合は4回表の怡土の攻めで動いた。一死から四球で一塁に走者が出ると、可也は先発の田中琉聖君(5年)から、準決勝でも6回を投げたエース松川怜史君(6年)にバトンタッチ。怡土のバント失敗で二死となるも、死球とヒットで満塁とし、連続押し出し四球で2点を献上してしまった。

 早く追い付きたい可也の前に、怡土のエース小川藍輝君(6年)が立ちふさがる。4回裏、ノーヒットピッチングを続ける小川君から、可也の榮勇太郎君が初ヒットとなる二塁打を放ち、続く吉村瞭汰君にもヒットが出て無死一、三塁と絶好のチャンス。しかし、スクイズ失敗などが重なり、好機をつぶした。
可也は7回裏、石橋和希君のホームランで一矢報いるが、後続が抑えられ悔し涙を流した。

 怡土・佐藤啓介監督 決勝までの試合も、1点差を競り勝ついいゲームができていたので、優勝できてほっとしている。糸島少年親善野球大会での優勝は、格別。

 怡土・尾﨑遥人主将 みんなが諦めず、最後までプレーしたのが優勝につながった。自信があったし、優勝したかったので本当にうれしい。

 《3位決定戦》

 糸島の元岡少年スピリッツが2回に1点先制。3回にも5点を挙げてリードを広げると、5回にはダメ押しとなる2点を加えた。博多レッドキッズは、2年前の優勝チームの誇りを胸に戦ったが、元岡の好投手山本枇奈さん(5年)から緒方士竜君(6年)への継投で、ゼロに抑えられた。

 

優勝した怡土少年野球クラブ

準優勝の可也ジュニアロイヤルズ

3位に入った元岡少年スピリッツ

敢闘賞の博多レッドキッズ

 成績は次の通り

①怡土②可也③元岡▽敢闘賞=博多
[Aパート]
博多 4―2 城少【博】宮口賢、三笘眞―那須【城】栗原―樋口▽本塁打 鴫山(博)▽三塁打 栗原(城)
前原南 8―3 岩戸【南】西原、青木―永末【岩】増永―渡邉▽本塁打 西原、永末(南)藤野2(岩)▽二塁打 小関(南)
[Bパート]
福岡 0―1 怡土【福】宮部、細川―下川【怡】尾﨑―西村
前原 3―11 玄洋【前】田中、井原―長尾【玄】菅原、満岡―小津和、竹本▽三塁打 江口(前)満岡(玄)▽二塁打 竹本、坂口、齊藤(玄)
[Cパート]
太宰府 2―0 鳥飼【太】中嶋―市原【鳥】首藤、川村―田中▽二塁打山口(太)
宗像 0―7 元岡【宗】吉原―永山【元】山本、中島―濵地、山本▽本塁打 緒方(元)▽二塁打 緒方(元)
[Dパート]
安徳北 0―11 可也【安】松原、野中―長野【可】田中、川上―川上、田中▽本塁打 吉村璃(可)▽三塁打石橋(可)▽二塁打 吉村瞭(可)
東風 12―5 引津【東】原、廣津―廣津、太田【引】田﨑―松山▽三塁打 森田(東)▽二塁打 原2、森田(東)
[準々決勝]
前原南 0―7 博多【南】西原、青木―永末【博】堤―那須▽三塁打 鴫山(博)
怡土 4―2 玄洋【怡】小川―西村【玄】斉藤、満岡―竹本▽本塁打 森(怡)▽三塁打 満岡(玄)▽二塁打 杉浦(怡)
元岡 6―1 太宰府【元】山本、中島―濵地、山本【太】安田、市原―市原、安田▽本塁打 緒方(元)▽三塁打 山本(元)
東風 0―7 可也【東】原、森田―廣津、太田、大庭【可】松川―田中▽二塁打 石橋、古賀元(可)
[準決勝]
怡土 1―0 博多【怡】尾﨑、小川―西村【博】堤―那須▽二塁打 鴫山(博)
元岡 0―2 可也【元】山本、中島―濵地、山本【可】松川、田中―田中、川上▽二塁打 古賀元(可)
[3位決定戦]
元岡 8―0 博多【元】山本、緒方―濵地、山本【博】岩﨑、冨永―三苫眞▽本塁打 緒方、藤家(元)▽三塁打 緒方、小賦(元)▽二塁打 中島、藤家(元)田鍋(博)
[決勝]
怡土 2―1 可也【怡】小川―西村【可】田中、松川―川上、田中▽本塁打 石橋(可)▽二塁打 榮(可)

ニュース一覧