糸島新聞
創刊100周年

設置販売店
ファミリーマート
  • 二丈福吉店
  • 前原末永店
  • 糸島加布里店
  • 志摩可也小学校前店
  • JR筑前前原駅前店
  • 福岡周船寺1丁目店
糸島新聞社
1917年(大正6年)創刊
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

台風で被災、宇美八幡宮の末社再建へ

2020.06.12

クレーンでつり上げられて撤去されるイチイガシの枝

 糸島市川付の「宇美八幡宮」(武内純夫宮司)で8日朝、強風で倒れる恐れがあるイチイガシなどの枝の撤去が始まった。作業は12日まで行われる予定。

 同宮では、昨年9月の台風17号により、樹齢1700年とされる樹高26㍍超、幹回り約7㍍のご神木、イチイガシ=同市保存樹=が倒れ、さらに同11月には、強風でクスノキとモミが根元から折れ、末社などに被害が発生した。

 このため、同宮奉賛会では末社など境内施設の再建へ向け、寄付を募ることに加え、ご神木の枝を一部切って「祈願のお札」を作って販売するなどして資金を集めていた。

 この日、枝が落とされたのは、倒れたご神木と兄弟のように寄り添って立っていたことから、地元の人に「兄弟ガシ」と呼ばれるイチイガシ。ご神木が倒れ、風をまともに受けるようになったため、枝が折れて落下する恐れがあり、9月中旬の「末社祭」へ向けて再建された末社への被害が心配されていた。

 作業の安全を祈る安全祈願祭が執り行われた後、伐採した大きな枝や幹がクレーンでつり上げられ、次々に運び出されていた。武内宮司は「多くの方のご協力を得て、やっとここまでたどり着いた」と胸をなでおろした。

 撤去に数百万円かかるというご神木は、依然として境内の斜面に横たわってままで、同宮奉賛会では、再び寄付を募っている。問い合わせは、同宮=092(323)0734。

ニュース一覧