糸島新聞
1917(大正6)年創刊

毎週木曜日発行 購読料 1カ月 900円(税込)1部 225円(税込)
糸島新聞社
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

不知火収穫始まる 志摩西貝塚の進藤さん

2021.02.12

不知火の収穫作業に精を出す喜一さん(左)と和代さん

 糸島市で不知火(しらぬい)の収穫が始まった。JA糸島柑橘(かんきつ)部会に所属する同市志摩西貝塚の進藤喜一さん(70)のハウスにはオレンジに色づいた不知火がたわわに実る。6日、喜一さんと妻の和代さん(71)が、直径10㌢程に育った実を、ひとつずつ丁寧に収穫していった。

 不知火は「ポンカン」と「清見」の交配品種。光センサーで糖度13度以上、酸度1%以下のものを「デコポン」の商品名で出荷する。甘味が強い上に、皮が柔らかで、手でむくことができるので食べやすさでも人気だ。

 進藤さんは約3000平方㍍で不知火を栽培し、農福連携で地元の野の花学園の障害福祉サービス事業所「志摩日々菜々」の利用者が摘果作業を手伝っている。「多少のヒヨドリ被害はあるものの、大きさも糖度も上等の出来です」と今年の販売に期待を寄せる。

 当日の収穫分は、8日にJA糸島園芸流通センターに出荷。ハウス物の出荷は3月初旬まで続く。JA糸島では東京、京都、広島、福岡の市場へ出荷する。

ニュース一覧