糸島新聞
1917(大正6)年創刊

毎週木曜日発行 購読料 1カ月 900円(税込)1部 225円(税込)
糸島新聞社
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

虎太郎スイカ出荷最盛期 二丈福井の加茂さん

2021.06.4

加茂グリーンファームで虎太郎スイカの収穫をする加茂さん

 糸島市二丈福井の加茂グリーンファーム(加茂正嗣代表)で、ハウス(20㌃)で栽培する「虎太郎スイカ」の収穫が最盛期を迎えた。収穫は5月18日から始まり、現在は3日の間隔を空けて収穫している。30日には160玉を収穫した。
 1玉3~4㌔、楕円形の中玉で皮は薄いが丈夫で割れにくく輸送性に優れる「虎太郎スイカ」。加茂さんは、2月中旬に種をまき、3月1日に2千本を定植した。シャリっとした食感が特徴、完熟で収穫するので糖度は12度から13度と甘い。
 加茂さん(72)が「22歳の頃、福吉はスイカの産地で、農業をスイカの栽培から始めた。当時は大玉スイカを作っていた」そうだ。10年ほど前に、種苗会社から勧められて栽培を始めた虎太郎スイカは、甘みを重視するようになった消費者の嗜好にあい人気が高いという。
 スイカ栽培50年の加茂さんは、若い時から学んできたスイカ作りの技術を生かし、未熟果を出さないよう玉の肥大に合わせ、色違いの札を立てて完熟の収穫時期を見極めている。8月上旬まで収穫が続き、2500玉の収穫を見込む。 
 福ふくの里やJA糸島伊都菜彩などの直売所に出荷するほか、東京以西の個人にも配送する。「今一番糖度が上がる時期。旬の虎太郎スイカを味わってみて」と加茂さん。

ニュース一覧