糸島新聞
1917(大正6)年創刊

毎週木曜日発行 購読料 1カ月 900円(税込)1部 225円(税込)
糸島新聞社
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

糸島の立体模型を楽しんで 糸島よかとこラボ來田 歩さん制作

2021.06.25

完成した1万分の1サイズのの糸島立体模型(中央)とA2サイズの模型(左奥)

 糸島よかとこラボ(糸島市前原西)に「科学工房未來」のオフィスを構える來田 歩(きだ・あゆむ)さん(56)=同市志摩小金丸=が、このほどA3判にして19枚のパーツにおよぶ糸島の立体模型を作った。国土地理院の等高線データから10㍍ごとの積層断面をかたどり、バルサ材を切り抜いて組み立てた。福岡市西区を含む糸島半島を立体的に再現、縮尺は1万分の1。19日には糸島よかとこラボの会議室に広げ、公開した。

 來田さんは、糸島市内で高齢者の健康寿命を延ばすことを目的にした施設のフリースペースの運営を任された会社員だったころ、「高齢者を含む糸島の人たちをその場に呼び込み模型を見ながら、糸島のことを語り合えればいい」と考えたことがきっかけで糸島の立体模型を作ろうと思い立ち、2020年5月から着手し、今年2月にほぼ完成した。

 さらに、ボール紙でA2判サイズの糸島立体模型も作った。よかとこラボで知り合った協力者の井藤賀久岳さん(50)が、レーザーカッターを使い、CADデータとして、データをデジタル化して取り込み、試作を繰り返して完成。量産が可能になったことで、可也山組み立てキットなどを発表予定だ。

 糸島立体化模型のさまざまな価値を見いだし、「共想としてのイノベーションを起こしたい」とする來田さんは、この立体模型を前にした人からどんな発想が湧き上がってくるかを楽しみにする。

 初公開に参加した市内の小学5年・田中真音(まお)さん(11)は「糸島にはたくさんの山があり、その山の高さがはっきり分かった」と興味深く見入っていた。糸島立体模型は、申し出があれば貸し出し可能。

ニュース一覧