糸島新聞
創刊100周年

糸島新聞社
1917年(大正6年)創刊
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

糸島の18直売所が連携  ネットワーク組織設立 3月にはマップ完成

2018.11.22

設立総会で月形市長のあいさつを聞く各直売所の代表者ら

 糸島市内18カ所の農水産物直売所が参加する「糸島市直売所ネットワーク会議」の設立総会が13日、糸島市役所で開かれた。「食材の宝庫」として糸島の魅力発信を強めたい同市が呼び掛け、〝ライバル〟でもある直売所同士が手を携えることになった。情報交換や連携イベント、効果的な補助金活用などを進め、売り上げアップを目指す。
同会議の事務局は市農業振興課。

 主催者あいさつで、同市の月形祐二市長は「630万人の観光客のうち4割強が直売所を訪れる。糸島の観光は食の情報発信拠点として直売所が大きな力。一方、出荷者の高齢化や従業員不足など問題もある。ネットワークを活用し直売所の強みをさらに発揮し、『糸島産』の魅力を発信して」と期待を込めて語った。
会長には、JA糸島「伊都菜彩」の直販課長高橋悟志氏が選任された。今年度の事業の柱は、市と県でつくる糸島地域広域連携プロジェクト推進会議と中村学園大(福岡市城南区)が連携し、現在取り組んでいる糸島市直売所マップの作成に対する協力と支援。マップは来年3月に完成し、1万部発行される予定。同市内には5千部ほど配布の見込みで、積極的に活用する。

 また、各直売所がイベントなどの情報を市へまめに提供、市がホームページを使った情報発信を強化する。さらに、同市の直売所活性化事業補助金を活用し、複数の直売所による連携イベントも検討していく。学校給食への食材納入の推進などへも取り組む方針。
総会後に初の研修会があり、まちづくり計画研究所(福岡市博多区)の今泉重敏代表取締役が「個性と連携による直売所の活性化」と題して講演した。

ニュース一覧