採卵用のヒナ人気  JA糸島女性部の自給自足運動

0420にわとりのヒナJA糸島では、女性部の自給自足運動の一環として、年に1回、管内の組合員に採卵用のニワトリのヒナを配布しており、今年は14日に54人に配られた。
今回配られたヒナは、ボリスブラウンという品種の生後40日のヒナで、メス448羽、オス20羽が管内の各支店に運ばれ、怡土支店では、待ち受けた男性がヒナを大事そうに持ち帰った。
JA糸島のニワトリヒナ配達は、約20年前から行われている人気の事業。県内では、団体で購入する例は少ないという。この日配られたヒナは、3カ月程度で赤色の卵を産むようになるそうで、申し込み者は「自宅で鮮度のいい卵を食べられる」と、楽しみにしている人が多い。


株式会社糸島新聞社

福岡県糸島市前原東一丁目8番17号
電話:092(322)2220
Mail:itoshin@blue.ocn.ne.jp