糸島新聞
創刊100周年

糸島新聞社
1917年(大正6年)創刊
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

手作りシーサー公民館へ 波多江小・佐敷委員会

2019.02.21

児童たちが作ったカラフルな紙粘土シーサー

波多江小の佐敷委員会と佐敷会など地域の人たち

 沖縄返還前の1962年から57年間、沖縄県の旧佐敷町(現南城市)の佐敷小と交流を続ける糸島市の波多江小(川邊哲雄校長、759人)で、同小5・6年の委員会活動「佐敷委員会」の20人が14日、紙粘土で作ったカラフルなシーサー5対を、校区内の5公民館(市立波多江公民館、高田・池田・板持・波多江の各行政区公民館)に贈った。

 交流を支援する同小PTAのOBなどでつくる「佐敷会」の三苫秀明会長(59)が「沖縄のイメージを色に例えてカラフルなものを作って」とオーダーした。児童らは、長さ10数㌢のシーサーのたてがみなど、細かい部分も丁寧に作った。

 委員長の井上千草君(12)は「沖縄の家ではシーサーは守り神。公民館で波多江の子どもたちを見守ってくれると思う」と話した。

 三苫会長は「4年ごとに沖縄と福岡を訪問し合い、運動会で沖縄のエイサーを踊り、バザーで沖縄の料理を振る舞う。学校と地域の理解があってつながってきた交流を、これからも続けたい」と話した。

ニュース一覧